typcreate

ソニーストアの「ワイド保証」なら高価なカメラの故障や破損も長期で安心!

ソニーストアの「ワイド保証」なら高価なカメラの故障や破損も長期で安心!

カメラを屋外で使う上での意外と多い悩み。それは故障や破損ではないでしょうか?

山や海、観光地での撮影中に不注意でカメラやレンズを落として壊してしまったり、移動中の持ち運びの際にバッグの中で他の物とぶつかってしまい傷がついてしまったりなど、そんな経験はありませんか?一眼レフカメラやミラーレスカメラ、交換レンズなどの撮影機材はハッキリ言って超高価です!修理代や調整費もバカにならず、不注意の自損事故だったら泣くに泣けませんね…。

そんな様々なシチュエーションの不慮の事故(?)での破損や故障の修理に備えることができる、ソニー「α」ユーザーなら必見!のソニーストアの「ワイド保証」についてご紹介します。

ソニーストア

ソニーストアの「αあんしんプログラム」

αあんしんプログラム

「ワイド保証」とは、カメラやレンズの故障や破損について、保証期間内なら追加料金無しで何度でも修理対応してくれる長期保証サービスです。

ソニーストアのαあんしんプログラムに入会する事で、ソニーストアで購入したカメラやレンズなどの製品に保証を適用することができます。1年間のメーカー保証と同等の内容でさらに長期間保証してくれる「ベーシック保証」と、ベーシック保証に加えてさらに破損・水ぬれ・火災の保証まで広範囲に対応する「ワイド保証」を選択することができるので、ソニーのαユーザーなら入会必須です!

ベーシック保証とは

通常使用における故障について、1年間のメーカー保証と同内容で長期間保証してくれるサービスです。その間なんと最長5年間!「通常使用」という範囲はあくまでソニーの判断にはなりますが、カメラ本体であれば使用頻度が高く、故障箇所の筆頭とも言える「レリーズスイッチの不具合」や、物理的に動作するのでこれまた故障の恐れが多い、耐用回数以内の「シャッターユニットの故障」、レンズであれば「ズームリングの不具合」なども通常使用での範囲に入るようですので、思わぬ故障やトラブルをこんなに長期間保証してくれるのですから、安心してカメラをガンガン使用できますね。

ワイド保証とは

ベーシック保証の「故障」に加えて、メーカー保証書範囲外の「破損」・「水ぬれ」・「火災」・「水害」・「落雷」といった偶然の事故による故障や破損でさえも追加料金無しで修理してくれる、αユーザーのための最強の保証です。例えば、カメラを三脚ごと倒してしまったり、レンズの交換中などに自分の不注意で落下させて壊してしまったなどの自損事故でも保証期間内であれば何度でも修理対応、破損部品は新品交換してくれます。

ただ、水没して漏電などで電気系統が完全に死んでしまったり、高所から落として真っ二つにレンズが折れてしまったりなど、通常修理ではとても対応できないような損傷が起きてしまった場合は修理扱いではなくなります。その場合はなんと!同製品との新品交換での対応になります。注意点としては「同製品交換」での対応になると、ワイド保証の期間がまだ残っていたとしても、交換対応となった時点で保証は終わってしまいます。以降の修理で保証が一切使えなくなりますので、その点は気を付けなければいけませんね。

修理可能な故障や破損であれば何度でも修理対応。再起不能な故障・破損をした場合は新品交換となります。ワイド保証期間内の修理は何度でもOK! 新品交換は期間中1度だけですが、他のメーカーでは全く聞かない、かなり手厚いサービスですよね。もちろん壊さないに越したことはないですが、フィールドワークで使用するカメラですから、安心感が違います。

αあんしんプログラム保証内容

「ワイド保証」実際の修理の流れ

実は先日、不注意でレンズを地面に落下させてしまいました…。と言うわけで、思いっきりマウント部分と外装を破損してしまった高性能標準ズームレンズ「FE 24-105mm F4 G OSS」を実際に修理に出してみました!こちらのレンズはソニーストアでの購入時に「長期保証5年ワイド」に加入しました。

今回の修理のついでとして、愛用している「α7 III」のシャッターがごく稀に切れなくなる、レリーズの不具合が出ていたので、この機会にまとめて見てもらうことにしました。こちらも同じく「ワイド保証」に加入しています。

ソニーストア
ソニーストア

ソニーストアに電話連絡

まずはソニーストアに故障の経緯について電話で相談をしました。ソニーストアはチャットやLINE、メールなど様々な方法で問い合わせができるのでユーザーとしては非常にありがたいです。今回は修理内容や不具合についての話を直接担当者としたかったので電話連絡を選択しました。ただし、電話は全然つながらないので要注意!

ソニーストアお問い合わせページ:LINE、チャット、メール、自動回答、その他

修理窓口の担当者に故障内容を伝えると、さっそく集配の手続きを行ってくれます。集配は精密機器運送でおなじみの日本通運の「パソコンポ」という精密機械輸送専用のサービスで集配を行ってくれます。保証期間内での修理でしたら集配料金も全て無料となります。

集配〜発送

修理窓口の方と集配時間の調整を行うと、日本通運のドライバーの方が自宅まで梱包資材一式を持って来てくれます。

集配に使用するパソコンポのダンボール
「パソコンポ」のダンボールはこんな感じ
特殊なフィルムで修理品を挟み込んで運搬します
特殊フィルムで修理品を挟み込んで運搬します
パソコンポで梱包した修理品をドライバーに渡します
修理品をドライバーに渡します
さらに厳重にコンテナボックスに入れて配送
さらに厳重にコンテナボックスに入れて配送してくれました

エアパッキンや緩衝材など、修理品の梱包材もしっかり持って来てくれるので、こちらは何も用意する必要はありません。すごく楽チンなサービスです。

修理期間の目安は1週間〜10日間くらい

ソニーの修理工場に到着してから約2〜3日程度で修理内容・費用についての電話が来ます。ワイド保証に加入の場合は修理料金自体が一切かからないため、電話がかかってくる事なく、そのまま修理になることが多いとの事なので、修理内容について事前に詳しく聞きたい場合は、修理相談窓口に連絡した際に「修理内容についての電話が欲しい」旨を伝えた方が良いかも知れません。
ベーシック保証の保証外修理や、通常修理の場合、料金が高いなどで修理依頼を断念する場合、商品をそのまま返送してくれます。

自宅まで無料発送

そんなこんなで無事に修理が完了し「α7 III」と「FE 24-105mm F4 G OSS」が自宅に届きました。ソニーへの電話連絡から自宅到着まで約1週間だったので、今回は比較的スムーズだったのではないでしょうか。発送時と同様に日本通運の「パソコンポ」で厳重に梱包されて自宅に届きます。日本通運は精密機械を取り扱っているプロフェッショナルな配送業者なだけに、修理から配送に至るまで、ソニーストアの対応は本当に素晴らしいものがあります。

埃や湿気が入らないように厳重に密閉梱包されてます
埃や湿気が入らないように厳重に密閉梱包されてます

修理後の商品は「修理後の埃の混入、湿気を防ぐために密封梱包をしております。上部を両側へ開いて頂ければ、簡単に開封できます。」という案内文とともになんと完全密封状態!なんだか布団圧縮されてるみたいで可愛さすら感じます。サービスでカメラクリーニング用のマイクロファイバークロスがついてきます。

今回の修理内容として、「α7 III」はレリーズスイッチを丸ごと部品交換と外装の清掃、おまけで通常だと有料で3,000円+税(αあんしんプログラムは50%OFF)かかるイメージセンサーのクリーニングまでやってくださいました。
FE 24-105mm F4 G OSS」は、傷があったマウント、外装パーツの新品交換と外装清掃に加えて、光学系の調整も行っていただいたようです。修理のついでに細かい部分まで全て確認してもらいましたが、ワイド保証に加入しているので修理・配送料金はモチロン全て無料でした!

ソニーストア

いかがでしたでしょうか。今回はソニーαユーザーのための「αあんしんプログラム」の「ワイド保証」についてご紹介しました。保証期間内であれば何回故障しても修理費用無料の超優良サービスですので、ぜひ加入することをオススメします。

また、長期保証・修理以外でも「清掃・点検サービス最大50%OFF」「αアカデミー受講料10%OFF」「下取/買取金額 5%増額」そしてなんと言っても「毎年3,000円分のお買い物券をプレゼント」というお得だらけのプログラムです。詳しい内容は「αあんしんプログラム」をご覧になってくださいね。

αあんしんプログラムについてはこちらから

現在、大人気APS-Cフォーマット機種の「α6400 (ILCE-6400)」と「α6600 (ILCE-6600)」がお得に購入できる、「α6400/α6600 サマーキャンペーン」が現在開催されています。応募者全員、もれなくキャッシュバックされる超お得なキャンペーンですので、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。購入の際には「αあんしんプログラム」への加入もお忘れなく!

関連記事:【ソニー α6400 / α6600 サマーキャンペーン】最大2万円のキャッシュバックキャンペーン開始!


ソニーストア
ソニーストア

Topに戻る